早いもので今年も残すところ、あと少しとなりました。そろそろお正月の準備を考えている方も多いのでは。お正月の楽しみと言えば、おせち料理ですよね。おせち料理には1つ1つに願いが込められ、家族の幸せを願う気持ちを形にしたもの。伝統としてお子さんに伝えていくためにも、意味を知っておきたいですよね。今回は、おせち料理の意味と簡単におうちで作れるおせち料理をご紹介します。

おせち料理を漢字で書くと

おせち、おせち料理と言いますが、漢字で「おせち料理」と書けますか??書ける人はそう多くないのではないでしょうか。「おせち」は漢字で「御節」と書きます。もともとは、お正月を含む五節句に神様にお供えする料理をさしていたもの。それがしだいに「おせち料理」といえば正月料理をさすようになったのです。

おせち料理を作る意味

そもそもおせち料理は年神様にお供えするもの。年神様はご先祖であり、田の神、山の神でもあると考えられ、お正月に家々にやってきて五穀豊穣をもたらすとされています。年神様にお供えしたものを食べることで、神様との結びつきを深め、幸せを祈る意味があります。

近年おせち料理は、主婦であるお母さんに家事を休んでもらうためとよく耳にしますが、本当は年神様が静かに過ごせるよう、三が日は家事を控えできるだけ音を立てないようにするため、日持ちするものをおせち料理に詰めるのだそうです。

お重に詰めるおせち料理

大晦日に新年の幸せを願い、海の幸、山の幸を縁起よく盛り込みながら作るおせち料理。おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で重箱に詰められます。各段ごとに詰める料理があり、品数は縁起のよい奇数にするしきたりがあります。地域によって詰め方は異なるようですが、代表的な詰め方をご紹介します。

おせち料理:一の重(祝い肴)

【黒豆】まめに働き、まめに暮らせるように

【昆布巻】「よろこぶ」にかけて

【伊達巻】知識や文化の発達を願う

【数の子】子宝に恵まれ、子孫繁栄

【田作り】豊作を祈る

【栗きんとん】栗は「勝ち栗」とよばれる縁起もの。「金団」と書き、蓄財につながる

おせち料理:二の重(焼き物)

【鯛】「めでたい」に通じる

【鰤】成長するたびに名前が変わる出世魚

【海老】腰が曲がるまで長生きできるように

おせち料理:三の重(煮しめ)

【くわい】大きな芽が出て「めでたい」

【れんこん】穴があいていることから、将来の見通しがきくように

【人参】根をはるように

【ごぼう】根を深くはり代々続くように

【里芋】小芋がたくさんつくことから、子孫繁栄

【八つ頭】頭となって出世するように、小芋がたくさんつくので子孫繁栄

【手綱こんにゃく】縁を結ぶように

おせち料理:与の重(酢の物・和え物)

【紅白なます】紅白でめでたく、祝いの水引にも通じる

【たたきごぼう】ごぼうのように深く根をはり代々続く。たたいて身を開き海運を願う

【菊花かぶ】菊は邪気払いと不老長寿の象徴

簡単!おうちで作れるおせち料理

メニューも多いし、おせち料理を手作りするのは大変そう・・・と思われがちですが、実はシンプルで気軽に作れるものが多いのです。トキワの調味料を使えば、さらに簡単においしく、おせち料理が仕上がります。ぜひお役立てください。

「べんりで酢」で作るおせち料理

おせち料理にかかせない酢の物。味付けが難しい酢の物は「べんりで酢」におまかせ。

和える・混ぜるだけで簡単に絶品のおせち料理に仕上がります。

【紅白なます】 

【たたきごぼう】

【花れんこん】


「なんでもごたれ」で作るおせち料理

「なんでもごたれ」は甘辛醤油味のベースがしっかりしているので、アレンジ次第で様々なおせち料理が作れます。

【ローストビーフ】

【田作り】

【ぶり照り】

【鶏照り】

【こぶ巻き】


「え〜だし」で作るおせち料理

だしをきかせた味付けはおせち料理にはかかせません。かつお・こんぶ・ほたての3種類の旨味がおいしさの秘訣です。濃縮タイプの「え〜だし」は希釈倍率を変えるだけで汁もの・和え物・煮物など幅広い料理にお使いいただけます。

【お雑煮】

【伊達巻】

【数の子】

【えびの含め煮】


まとめ

今回はおせち料理の意味と簡単におうちで作れるおせち料理をご紹介させていただきました。今年は年末年始をおうちでゆっくりと過ごされる方も多いと思います。いつもより時間をかけて、食材も豪華におせち料理を作ってみませんか。おせち料理もたくさんあるので、好みに合わせたわが家流でおせち料理を楽しみましょう。

0

動画