5月5日はこどもの日!

「こどもの日」って「端午の節句」や「男の子の日」とも呼ばれていますが、どんなお祝いをする日なのでしょうか。
鯉のぼりや鎧兜を飾る理由は?どうして柏餅やちまきを食べるの?今回はこどもの日にまつわる、なぜ?なに?をご紹介したいと思います。

また、こどもの日には子供が喜ぶ♪ 簡単に作れる!みんなが嬉しく楽しくなれるこどもの日ワンプレートレシピがおすすめ。
見た目も可愛いワンプレートで、家族みんなで子供たちの成長を願って、こどもの日をお祝いしてみましょう。

こどもの日とは?

子供たちが元気に育ち、大きくなったことをお祝いする日です。

もともと5月5日は「端午の節句(たんごのせっく)」で、男の子の健やかな成長や幸せを祈って、お祝いをする日でしたが、1948年に、5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日と制定されて、こどもの日ができました。

男の子の成長を祝う日ですが、今では子供たちみんなをお祝いするようになりました。

子供のお祝いだけじゃなくて「お母さんに感謝する」という意味もあったのですね。

こどもの日にはどうして鯉のぼりや鎧兜を飾るの?

●こいのぼり
鯉は中国の故事の中で、流れの激しい滝(竜門の滝)を登り切った鯉が竜となり、天に登ったのを由来とする「登竜門」の語源に使われるほど。清流だけでなく、沼でも池でも生きられる生命力の強い魚です。
江戸時代、武家では男の子が生まれると、その家の家紋が入った「のぼり」などを立てていました。それが、町人が力をつけてきた江戸中期頃になって、町人の間で「登竜門」の伝説にちなんで、「どんな環境にも耐え、立派に成長するように」と立身出世を願って鯉のぼりを飾るようになったそうです。

●鎧兜
端午の節句になると、男の子のいる家庭では兜や鎧、それらを携えた五月人形などを飾りますね。まるで我が子を戦いに行かせるようだと考える向きもありますが、そもそも武士にとって兜や鎧は身を守るための道具。これらを飾ることは、病気や事故などから男の子を守り、困難に勝ち、丈夫に成長してほしいという願いが込められています。

こどもの日に食べる物ってどんなもの?

●柏餅
柏の葉は新しい芽が出るまで葉が落ちないことから「子孫繁栄」を願う縁起物として、江戸時代にはちまきとともに端午の節句にお供えされるようになりました。関東を中心に食べられています。

●ちまき
もともと中国で水神のお供物として、のちに詩人である屈原の霊を鎮めるため、命日である端午の節句にお供えされるようになり、ちまきとともにその文化が伝わりました。関西や中国地方を中心に食べられています。

●筍
筍は端午の節句のお料理によく使われます。筍は成長が早く、天に向かって真っすぐにすくすく伸びることから縁起物とされており、「筍のように真っすぐどんどん育つように」という願いが込められています。

●縁起のよいブリやスズキ、カツオを食べることも
端午の節句には、魚を食べてお祝いすることもあります。ブリやスズキは、成長し大きくなるにつれて名前が変わる出世魚のため縁起がいいのだとか。また「勝男」とも書けるカツオは勝負に勝つ男になるよう、強くたくましくとの思いが込められています。

こどもの日にぴったりワンプレートレシピ

今回は、こどもの日にちなんだものや、子供もパクパクと食べやすい料理で、こどもの日のワンプレートにぴったりなレシピをご用意しました!子供のすこやかな成長を願い、食卓が賑やかになるようなワンプレートレシピなので是非ご覧ください!

こどもの日のワンプレートにかわいくておいしい「こいのぼりにぎり」

こどもの日ワンプレートの中を泳ぐこいのぼりおにぎり。ごはんは子供も食べやすいほんのり甘い寿司飯♪飾り付けはこいのぼりの鱗のように好きな具材をのせるだけ。見た目かわいい!食べておいしい!こいのぼりにぎりです。

子供も大人も大好き♡「ポップコーンチキン」

こどもの日ワンプレートのおかずメイン、一口サイズのポップコーンチキン。鶏むね肉を食べやすい大きさに切って、パン粉と小麦粉を合わせた衣をつけて揚げ焼きをして作ります。一口サイズでしっかり味。サクサク衣がおいしくて子供も大人も大好きです。

しゃきっとした食感がおいしい「アスパラガスのごま酢和え」

旬のアスパラガスでつくる簡単副菜。アスパラガスのシャキシャキとした食感と歯ごたえが楽しい春のレシピです。甘い合わせ酢とごまで和えてあるから子供もおいしく食べてもらえること間違いなし!こどもの日のワンプレートの彩りにもぴったりです。

ツナと卵を合わせて子供もパクパク「人参しりしり」

こどもの日のワンプレートを彩りよく飾りつけてくれる人参しりしり。ツナと卵を合わせて炒めるだけでとっても簡単!食べやすい味付けで子供もパクパクとたくさん食べてくれる1品です。

クッキングペーパーで包む、具材ごろごろ「中華風ちまき」

包みに使うのはササではなく、クッキングペーパー!簡単で見た目もおしゃれなかわいい中華風ちまきです。もちもちで具材ゴロゴロのちまきは、こどもの日に食べたいワンプレートの一品にもおすすめです。

甘辛味が食欲をそそる「カツオの照り焼き」

子供でも食べやすい甘辛のタレがしっかり絡んだカツオの照り焼き。ご飯が進む味付けに大満足。こどもの日のワンプレートレシピにもおすすめです。

まとめ

WEB担当の奥田です。こどもの日ワンプレートにおすすめのレシピを紹介しましたがいかがだったでしょうか?子供たちのすこやかな成長を願うこどもの日の食卓が、少しでも賑わえばと思い、今回こどもの日のワンプレートをテーマにレシピを考えてみました。可愛らしい鯉のぼりのレシピ等、是非こどもの日のワンプレートで作って飾って楽しんでいただければ嬉しく思います!

先日姉の家族と食事をしたのですが、小学3年生になる甥っ子が一人前の料理をぺろりと平らげるようになっていました。そのおかげかなんなのかお腹周りがすくすくと成長中・・・。成長してほしいのはそこだけじゃないんだよと思いつつ、知らず知らずのうちに大きくなっていく甥っ子に驚きが隠せない私なのでありました。

 
 

こどもの日のワンプレート以外にも役立つ便利な調味料

こどもの日のワンプレートをかわいらしく彩り豊かに飾ってくれるレシピたちをもっと簡単に、もっとおいしくしてくれるのがトキワの調味料です。今回使用した調味料を紹介していますので、気になった商品は是非お試しください!

こどもの日のワンプレートのおすすめレシピ「こいのぼりにぎり」「アスパラガスのごま酢和え」に使用したまろやかなお酢「べんりで酢」

お酢料理なら「べんりで酢」一本におまかせ!合わせ酢を作るのが難しい酢の物、寿司飯、甘酢あんの味がこれ一本で。

こどもの日のワンプレートのおすすめレシピ「カツオの照り焼き」に使用した甘辛醤油味の「なんでもごたれ」

砂糖、醤油、みりん、お酒を使う味付けには「なんでもごたれ」一本で!味の調節が難しい煮物に、照り焼き。味がぴしっと決まる簡単調味料。

こどもの日のワンプレートのおすすめレシピ「人参しりしり」に使用した風味豊かな「え~だし」

かつお・こんぶ・ほたての旨味がこれ一本で味わえる、風味豊かな「え~だし」。あらゆる和食のだしに使っていただけるのはもちろん、薄めるだけで麺つゆの代わりにも。

こどもの日のワンプレートのおすすめレシピ「ポップコーンチキン」「中華風ちまき」に使用した味のベース「ぎゅう鶏ス~プ」

鶏がらと牛骨の旨味がぎゅっと凝縮されたスープの素「ぎゅう鶏ス~プ」洋風中華風、どちらの料理にも旨味を与えてくれます。野菜スープはもちろん、ピラフ、チャーハン、グラタン様々な料理にお使いいただけます。

動画