材料(4本分)

【具材A】かんぴょう(乾物)・・・10g 塩適量
 =水1カップ、え~だし大さじ1、なんでもごたれ大さじ1

【具材B】干ししいたけ・・・4枚(15g)
 =なんでもごたれ大さじ1と1/2、水または戻し汁1カップ

【具材C】卵・・・L3個
 =なんでもごたれ大さじ1、サラダ油適宜

【具材D】ほうれん草100g=但馬牛焼肉・ステーキ醤油大さじ1/2

【具材E】かにかまぼこ(ロング)・・・4本

  • はらん

つくりかた

【具材A】
かんぴょうは水で湿らせて塩もみし、水洗いして熱湯でちぎれるくらいまで茹でます。水に「え~だし」を加えて茹でたかんぴょうを入れ、弱火で10分程度柔らかく煮て、「なんでもごたれ」を加えてさらに7~8分煮、火を止め煮汁につけたまま冷まします。

【具材B】
干ししいたけは洗って水に浸けて戻し、石づきを切って鍋に入れ、かぶるくらいの戻し汁を加えて3~4分煮てアクをすくって「なんでもごたれ」を加えて落とし蓋をして弱火で煮汁が少し残るまで気長に煮てそのまま冷まし、せん切りにします。

【具材C】
卵はよく溶きほぐして、「なんでもごたれ」を加えて混ぜます。
卵焼き器を熱してサラダ油をひき、卵液を入れて厚焼き卵を作る要領で焼き、冷めたら縦に8等分します。

【具材D】
ほうれん草はきれいに洗って根元を掃除して、太ければ切込みを入れて、熱湯(水1ℓに塩大さじ1の割合)で色よく茹でて冷水に取り、かたく水分を絞り、「但馬牛焼肉・ステーキ醤油」をかけて絞ります(醤油洗い) 。

【具材E】
かにかまぼこはシールを外しておきます。

 

【巻き方】

① 乾いた巻きすの上にのりを横長にして、表を下にしてのせ、1/4量の寿司飯(200g)を手前3/4のところまで平均に広げます。(寿司飯は手水で手を湿らせて扱います。)

② 用意した具の汁気を切って4等分し、1の寿司飯の中央に、左右の端まで届くようにきちんと平らに乗せ、親指を巻きすの裏に当て、残りの指でしっかりと具を押さえ、巻きすを起こすようにして寿司飯の手前と向こうの端を合わせて巻き、形を整えて、巻き終わりを下にします。

③  ぬれ布巾で包丁を湿らせて、包丁を大きく動かしながら1本を8切れに切ります。

④ 皿に3の巻き寿司を盛り付けて、新生姜のべんりで酢漬けを添えます。

 

今回使用した調味料

ハッシュタグで検索

動画