新ごぼうと新生姜の炊き込みご飯盛付け画像

季節ごとの食材を楽しむことは、食卓を華やかにしてくれ気分も晴れやかになります。今回ご紹介したいレシピでは、初夏に旬を迎える「新ごぼう」と「新生姜」を使った絶品レシピです。

2つの旬の食材を使って今回は「炊き込みごはん」をご紹介させていただきます。「炊き込みご飯」は少し手間のかかるレシピと思われがちですが、トキワの「え〜だし」という調味料を使えばかんたんに作ることができます。

「炊き込みごはん」がかんたんに作れてしまう秘密は、「え〜だし」を作るトキワのブンレド力にあります。「え〜だし」は、「炊き込みご飯」をはじめ和食作りに必要なお醤油、みりん、だしなどをバランスよく配合し、薄める割合を変えるだけで、茶碗蒸しやお吸い物、おひたし、うどんつゆなどさまざまなお料理にご利用いただける商品としてみなさまにご愛顧いただいております。

いろいろなお料理が楽しめる「え〜だし」ですが、今回は初夏を味わえるかんたん「炊き込みご飯」をご紹介させていただきます。

【材料】(4人分)

米・・・2合
水(生米の2割増し)・・・430ml
え〜だし・・・大さじ3
新ごぼう・・・150g
新生姜・・・40g
サラダ油・・・大さじ1

【作り方】

(1)
米は洗ってザルに上げ30分~1時間置いて洗い米にします。

(2)
新生姜は洗って傷んだ部分は取り除き皮付きのまま2~3㎝長さの太めのせん切りにします。

(3)
新ごぼうはタワシで洗って斜め薄切りにし、フライパンにサラダ油を熱した中に入れて全体に油が回るまで炒めます。

(4)
炊飯器の内釜に1の洗い米と水、え~だしを入れて混ぜ、2の新生姜と3の新ごぼうを入れて軽く混ぜて炊きます。

(5)
炊きあがったら蒸らして全体を軽く混ぜてお茶碗に盛り付けます。

動画